返済が必要となる任意整理の支払いを行う期間

債務整理の中でも手続きが進めやすいとされている任意整理は、自己破産とは異なり整理後の支払いが必要となります。借りた借金は返済をしていく代わりに、返済の負担となる利息を免除してもらったり、借金の減額に期待をする債務整理方法のためです。

 

返済の方法としては任意整理の進め方にもよりますが、弁護士に依頼をしてスムーズに進めるなら間に入る弁護士に一旦入金を行い、弁護士が各債権者に代理で返済を行います。お金の流れとしては依頼者~弁護士~各債権者となり、弁護士に任意整理を依頼すれば債権者との面倒な交渉などは必要なくなります。

 

任意整理は交渉による債務整理であるため、基本的には弁護士、または司法書士に依頼をするのが一般的です。自身で進めるとなると債権者側も応じてくれない可能性が高いので、良い条件での任意整理とはならない可能性があります。

 

借り手側にとって不利にならない、良い条件で任意整理を進めるなら弁護士などに依頼をしておくべきで、その際には事前の相談で任意整理の返済期間についてもしっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

大体は3年以内での返済が終わるように任意整理を組み立てますが、場合によっては期間が短いこともあります。どのような返済計画となっているのかを相談時に確認をし、任意整理で失敗をしないようにしてください。