示談となる場合が多い交通事故被害者の悩み

交通事故の被害に遭ってしまうと、保険会社などを相手にした示談となる場合が多いです。示談はどうしてもスムーズには進まず、被害者側の請求をしっかりと汲み取ってくれる保険会社はそこまで多くないのが実情です。

 

しかし、だからと言って保険会社の言うままの示談内容で成立をさせてしまうのは間違っています。保険会社はお金を払いたくないために示談内容も保険会社が有利になるように提示してきますが、交通事故被害者はしっかりとした賠償金を得る権利があります。何も保険会社が言うままで示談を成立させる必要は無いのです。

 

弁護士の多くではこういった交通事故被害者のための相談窓口を設けており、被害者が損をしないように進めてくれるところもあります。保険会社に言われるままの示談内容では本来の賠償額から遥かに少なくなっているケースは多く、弁護士に示談の依頼をすると得られる慰謝料が数十倍などに膨れ上がることもあります。

 

交通自己問題を扱う弁護士では成功補修としているところが多く、被害者が得られる賠償金が多くなれば弁護士の報酬も増えるため、弁護士側としてはしっかりと示談を進めてくれます。逆に事故の状況や過失の割合からして賠償金が多くならないと考えられる場合には、弁護士では依頼を請けないケースがあります。

 

依頼を請けないとするのは誰にとっても得が無いためで、被害者にしても弁護士の費用がかかるだけで賠償金額が増えないのであれば意味がありません。その点も弁護士ではしっかりと考えてくれるので、交通事故被害に遭ってしまった方はまずは無料相談を使って交通事故問題に強い弁護士に話を聞いてみましょう。

 

特に事故の件数が多い愛知県にお住まいの方などは、いつ事故に巻き込まれるかは分かりません。もし被害者となってしまった場合には愛知県名古屋市の交通事故示談を参考にしながら、相談や依頼ができる弁護士を探すようにしてください。